サイト紹介

手錠「普通」と言う言葉を辞書で引いてみると、「どこにでもあるような、ありふれたものであること」と出てきます。
でも「どこにでもある」と「ありふれたものである」という定義って、人によって違うんじゃないか?と僕はまるで哲学者のようなことを考えてしまいました。
まあどちらにも「この世の中の大多数が」と言う言葉が付くんだということはわかっているんですが…。
このサイトを見て下さっている方は、きっと何かしら「特殊」な趣味を持っている人だと思います。
特殊な趣味を持っていると、中々人に理解されずに寂しい思いをしてきた人も多いことでしょう。
でも、僕は他人に迷惑さえかけなければどんな趣味を持っていたって良いと思うんです!
逆に、何の変哲も無い人生を生きていくより、人には中々話せない秘密の趣味があった方がスリリングで楽しいと思いませんか?
世間一般の意見というのは、あくまで世間一般の意見であって、
世の中で1人だけにしか理解されない趣味って中々無いと思います。
特殊な趣味だから…と1人で閉じこもっていれば、より孤独になる一方。
僕も最初は1人で悶々としてばかりの日々でした。
でも別に他人に大っぴらに宣言しないまでも、自分の中である程度開き直って生きていくと決めれば、案外その特殊な趣味を楽しめるようになるものです。
特に日本はメインカルチャーを凌ぐ勢いでサブカルチャーが盛り上がっている国ですから、
案外特殊な趣味を楽しめる場所は沢山ありますし、共通の趣味の話題で盛り上がれる人も沢山います。
このサイトではそんな特殊な趣味の種類、そして楽しみ方などを紹介して行きたいと思います。
特殊な趣味に加えて、特殊な性癖や、そんな性癖を満足させるようなマニアックなプレイを楽しめるお店も紹介していますよ。

自分の世界を広げる

趣味はこうして広がる?学生の頃、親や教師からやたら口すっぱく「本を読め」と言われませんでしたか?
小学校の頃は「朝読書」という時間があって、毎週水曜日の朝は15分間読書をしてから授業が始まっていました。
どうにも活字が苦手だった僕は、本を食い入るように読むふりをして睡眠を貪っていたわけですが。
でも、高校生にもなると、何故大人たちがこぞってうるさく「本を読め」と言ってきたのかがわかってきました。
僕を始めとするこの世の中のほとんどの人が「一般人」だと思います。
プロ野球選手になったり、歌手になったり、俳優になったり、
昔からの夢を叶えて「劇的な人生を送れる人」というのはほんの一握り。
僕は特別裕福でもなく、貧乏でもない幸せな家庭で育ち、普通に就職をして、普通に暮らしていくんだろうな、と高校生の時に思ったんです。
(結果的に一般的ではない性癖を何故だかこじらせることにはなるんですが)
そんな僕のような一般人が何の変哲もない人生を歩んでいく中で、「劇的な人生を送る特別な人」になれる数少ない方法が、「読書」なんですね。
本を読めば、誰しもその物語の主人公になれる。
寒い雪国で育ち、劣悪な家庭環境の中で鬱屈とした思いを抱えてきた文豪にだってなれる。
でも、読書だけが「特別な人」になれる方法ではありません。
今まで自分が飛び込んでこなかった世界で、あえて飛び込むことも方法の1つです。
趣味を広げるということは、今まで知らなかった世界を知るということ。
ひいては、自分の世界を広げることに繋がるんです。
新しい趣味で知り合った人と交流を深めることで、更に自分では経験できない色々な話を聞くことができます。
これは読書をするのと同じくらい、もしくはそれ以上に「劇的な人生」を疑似体験させてくれることだと思います。

趣味を広げることのメリット

ラーメン意外の食べ物を好きになる僕は元々かなりの偏食で、食事自体にあまり興味がありませんでした。
好きな食べ物は、ラーメンと唐揚げと餃子。
刺身などの生魚や焼肉、野菜もほとんど食べることができませんでした。
なので家族や友人と「何か美味しいものを食べに行こう!」ってなった時、
必ずと言って良いほど寿司と焼肉を提案されるんですが、僕にとっては苦痛でした。
だから寿司は寿司でも、回転寿司にしてもらって、僕だけサイドメニューのうどんやポテトを食べたり、焼肉屋でもひたすら白ご飯とキムチを食べてました。
大人になるにつれ、何故だか好き嫌いもなくなってきて、今ではすっかり何でも食べられるようになったんですが、寿司も刺身も焼肉もめちゃめちゃ美味しいし、今までどれだけ損をしてきたんだろう、と悲しくなりましたし、以前よりずっと食事を楽しめるようになりました。
趣味もこれと同じで、好きなものが多い方がずっと楽しいんですよね。
僕は1つのことをとことん追及したいタイプなので色んなことに手を出しすぎると広く浅く、になってしまうのでちょっと抵抗があったんですが、
単純に1つだけの趣味より、趣味が2つあったら2倍楽しいということに気付いたんです。
同じ趣味の人同士で仲良くなれば、そこからどんどん新しい世界が広がります。
普通に生活していたら、家と会社の往復。
平日は会社の人と、休日は彼女や昔からの友人と過ごす。
これでも十分楽しいんですが、趣味があれば、趣味を通してしか知り合うことができなかった人と沢山知り合うことができます。
生い立ちも性格も全く違う人と交流するのは新鮮で、凝り固まった大人の価値観もなんだか柔らかくなるような気がしますね。
単純に家とも会社とも違う別の「自分」を持つ、ということは気分転換にもなるので、
趣味を広げるのはおすすめですよ。

         ミリタリー

「ミリタリー」と聴くと、ほとんどの人はカーキ色のジャケットや、ワークパンツなどの「ミリタリーファッション」を思 …続きを読む

         麻雀

麻雀って、ハマる人と一切やらない人にきっぱりと分かれる娯楽だと思います。 ハマる人は、大学などで先輩に誘われて …続きを読む

         鉄道

鉄道好きの人のことを「鉄オタ」と言いますよね。 確かに時々駅のホームで電車が入ってくる瞬間を写真に収めている人 …続きを読む

         切手集め

祖母の家の電話の隣には、小さな缶が置いてあって、 その中にはぎっしりと使用済みの切手が保管されていました。 な …続きを読む

         スロット・パチンコ

パチスロは、やっぱり賭け金が増えることが一番の魅力。 競艇や競馬のように場所をとらないので街中のいたるところに …続きを読む

         宝くじ購入

人は宝くじを買う時、「宝くじを買っているのではなく夢を買っているんだ」と良います。 確かに、僕の友人は毎月銀行 …続きを読む

         競艇

競艇は、ギャンブルの中でも最も勝算が高いと言われています。 それに、初心者でも簡単に楽しめると人気なんですよ。 …続きを読む

         競馬

競馬とは、お金を賭けてどの馬がレースで勝つのかを予想することです。 競馬と言えば「ギャンブル」と言うイメージが …続きを読む

         フィギュア集め

僕は、アニメや漫画が大好きですが、アニメグッズにはあんまり興味がありません。 アクリルキーホルダーや缶バッチな …続きを読む

         カメラ

AVを見ていて「ここがもっとこうだったらなあ」と思うこと、ありませんか? 女優も自分好み、シチュエーションも最 …続きを読む