スワッピング

「スワッピング」とは簡単に言うとカップル同士でパートナーを取り替えて複数人でセックスを行うことです。
ここ最近話題を集めている「NTR」好きの人が好むシチュエーションでもあります。
「NTR」とは「寝取られ」「寝取り」のこと。
自分のパートナーが他の男性に抱かれているという嫉妬や精神的ショックで性的興奮を覚えたり、逆に他人のパートナーを抱くことで優越感を感じ、性的興奮を覚えたりする性癖のことです。
この「NTR」は二次元では人気のジャンルですが、実際にやってしまうと本当にパートナーが奪われてしまったり、夫婦の場合は離婚の原因にもなりかねないので実現するにはハードルが高いプレイです。
しかしスワッピングであれば、あくまでそのプレイ中だけパートナーを交換しているので、最終的には自分のところに戻ってくるという安心感があります。
スワッピングは主にセックスにマンネリを感じているカップルが刺激を取り入れようとチャレンジしてみることが多いようです。
特に結婚している夫婦や同棲しているカップルの場合は、一緒に住んでいるのでいつでもセックスができます。
そうすると一緒に住み始めた当初はその新鮮さに自然とセックスの回数も増えるものですが、さすがにプレイのバリエーションもなくなってくるとどうしてもマンネリになってしまいます。
そんな時にスワッピングをすることで自分のパートナーが他人に抱かれているという嫉妬感でパートナーへの愛情が再度燃え上がることになるんですね。
NTRの場合は、自分で提案しておきながら、男性側が嫉妬心を暴走させてしまい、「俺というものがありながら!」と激昂してしまうということもあるようですが、
スワッピングの場合は自分も他人のパートナーを抱いているので互いに嫉妬心を募らせることができ、どちらかが「裏切り者」になる可能性がないんです。
そして中には、全くマンネリも感じておらず、いたって2人の仲は良好にも関わらずスワッピングを楽しむと言うカップルもいます。
そう言ったカップルは男性が女性を異常なほどに愛している場合がほとんどです。
「愛しているならなんで?」と不思議に思うかもしれませんが、
パートナーへの愛が深すぎて、「こんなに素晴らしい女性を独り占めしておくのは勿体無い!他の人にも魅力に気付いてほしい!」という衝動が強まり、スワッピングを提案するようです。
もちろん自分も他人のパートナーを抱いてはいるんですが、視線は常に自分のパートナーと相手の男性。
しかも注目するのはパートナーを抱いている男性の表情なんだそうです。
気持ち良さそうな顔を見ると、自分のパートナーがいかに素晴らしいかを知らしめることができて誇らしい気持ちになり、性的にも興奮するんだそうですよ。