難波秘密倶楽部

難波秘密倶楽部

難波秘密倶楽部は大阪の難波にあるM性感のお店です。
難波秘密倶楽部は「ヒミクラ」の愛称で知られ、
芸能人がテレビなどで紹介してしまうほど人気で「M性感の聖地」とまで言われています。
難波秘密倶楽部は、とっても有名ですが、その名の通り「秘密の倶楽部」なので、お店に看板はありません。
店頭の看板に名前はなく、怪しいネオンだけが光っています。
でも逆にそれがこれから誰にも言えない大人の遊びをするんだ!と興奮を高めてくれます。
M性感が初めてで緊張すると言う人もお店に入りやすいんではないでしょうか。
難波秘密倶楽部は、そのプレイもさることながら、内装が驚くほど豪華なんですよ。
なんと檜風呂に入れてしまう畳の部屋や、まるでライブハウスのようなおしゅあれなモザイクアートが壁に施されたスタイリッシュな部屋など、
やらしいプレイをする前からボルテージMAXになってしまうような楽しい空間になっています。
一番驚いたのはあのエリカ様が映画「ヘルタースケルター」で入浴していた410万円のバスタブがある部屋まであるんです!
エリカ様が入った後のお風呂で体の隅々まで洗う…これもまたプレイの一環と言っても過言ではありません。
待合室も、ふかふかのソファが置いてあり、他のお客さんと距離をとって座れる配置になっているので、待っている間のあの気まずい空気が流れることもありません。
まるで漫画喫茶かと思うくらい沢山の漫画があるので、お気に入りの女の子の待ち時間が長い時も、ゆっくりと過ごすことができますよ。
そして、肝心のプレイは芸能人お墨付き。
そもそも難波秘密倶楽部は女の子を採用する際の基準をかなり高く設けているので、パネルマジックなんてあるはずもなく、フリーで入っても全員可愛い子なんです。
M性感なのでこちらから女の子に触ることはできませんが、テクニックも相当なものなので「テンション上げるためにこっちから攻めるか」なんて思う前に気付けば骨抜きになっていること間違いないですよ。