ミリタリー

「ミリタリー」と聴くと、ほとんどの人はカーキ色のジャケットや、ワークパンツなどの「ミリタリーファッション」を思い浮かべることでしょう。
ミリタリーを好む人のことを「軍オタ」や、「ミリオタ」と呼ぶことがありますが、そんなミリオタにも色んな種類があります。
当時戦いに使われていた銃器を好む人、戦車など、戦時中に使われていた車両を好む人、そして軍服やヘルメットなど戦時中の服装を好む人…。
ミリオタは「戦争好き」というイメージがありますが、
実際にはそういった人は本当にごく一部の人だけで、
ほとんどの人はメカや乗り物、制服に憧れているんです。
男性はフィギュアやロボットが好きな人が多いので、銃などのメカに魅力を感じる人は多いんではないでしょうか?
でも、興味はあってもディープな世界すぎて尻ごみしてしまうのがミリタリー。
ミリタリーに興味があるなら、まずは「調べる」ことがとても大切です。
ミリオタの中では知らないことを質問してばかりの人は敬遠される傾向にあります。
疑問に思ったことや知らないことがあれば、ネットなどで自分で調べて基本的な知識を見に付けておくことは最低限のマナーなんです。
銃1つとっても色んな種類がありますし、ミリタリーに置いて歴史的な知識というものは欠かせませんから中々根気のいる作業ではありますが、
一度調べてみると面白くて、次々調べていってしまいますよ。
ネットである程度の知識をつけた後は、気軽に楽しめる「映画」で更に知識を深めましょう。
ただ文章で見るよりもすんなりと知識をつけることができますし、ミリオタ同士の交流の際にも話題として使えます。
ミリオタ同士での意見交換は、自分の知らないことや、自分とはまた違った目線での意見を聞くことができる貴重な機会です。
初心者が発言をすると怒られるのでは…と不安になるかもしれませんが、最低限のマナーさえ守っていれば皆優しく話してくれますよ。
交流の場所はブログや掲示板がほとんど。
意見交換の際は、その情報をどこから得たのかという情報源を明らかにするようにしましょうね。
国の公式な情報や、文献などで得た確かな情報であれば問題ありません。
ここまで来たら、もうミリオタの仲間入りです!
もちろん交流以外にも、自衛隊のイベントに参加してみたり、ミリタリーアイテムを集めてみたり、プラモデルを組み立てたりして楽しむのもおすすめですよ。
中には使用済みの本物の弾薬などをコレクションしている人もいるので、
ネットなどで人のコレクションを眺めるだけでも楽しめます。