マニアックな趣味を楽しめる場所が多い

人に理解されにくい趣味を持っていると、突然孤独を感じる時があります。
1人で趣味に没頭している時は良いんですが、ふとした時にもっと一般的な趣味だったらなあと思うことがあるんです。
例えば読書が趣味だったら、最近だったらブックカフェや、お洒落なカフェが併設した図書館なんかが増えてきて楽しそうだし、
映画が趣味なら、毎回新作の映画を楽しみにできますし、普通に恋人や友人と一緒に楽しむことができますよね。
でも僕のように女装男子を眺めるのが趣味となると、せいぜいネットで画像検索をして楽しむくらいしかなかったんですよね。
ただ、よくよく調べてみるとマニアックな趣味でも楽しめる場所って結構あるんですね。
この世にたった1人だけの趣味って、実は探そうとしても見つからないくらいなんじゃないかと思うんです。
どんなにマニアックな趣味でも、世の中には必ず賛同してくれる人が少なからずいる。
つまり、自ずとマニアックな趣味を楽しめる場所もできてくるんです。
例えば僕の趣味の女装男子観察で言えば、毎月最終土曜日には日本最大級の女装イベントが新宿で行われていますし、東京だけでなく大阪などでも女装イベントは頻繁に開催されています。
この間テレビに取り上げられていてびっくりしたのは、「野宿イベント」。
野宿をするのが趣味な人たちが集まって、土手とかで野宿するんです。
最初は数人で野宿を始めるんですが、そのうち「何してるんですか?」とか知らない人に声かけられたりして、ノリでその人も一緒に野宿したり…。
皆でガスコンロでお湯を沸かして、寒い寒いって言いながらコーヒーを飲む。
普通の人には理解できないかもしれませんが、好きな人からしたら相当楽しいですよね。
それに、最近ではSNSがかなり普及してきているので、
一般人でも気軽に情報を発信できるようになりました。
例えば絵が上手い人なら、プロでなくても芸能人並のフォロワーがいる場合もあります。
完全に趣味用にSNSのアカウントを作ってしまって、
同じ趣味を持つ人達をフォローしてみるのもおすすめですよ。
ツイッターにはリツイート機能があるので、自分で情報を検索するよりも早く、他の人が情報をリツイートで共有してくれる場合がありますし、
自分の知らないイベントの情報を入手することもできます。
何より同じ趣味を持つ人とSNS上で交流を深めることで、既にそのSNSこそが趣味を楽しむ場になる場合もありますからね。